だからこのアプリだ

資産管理ができるmdmとは?

by on 4月.04, 2019, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用する場合、資産管理が重要なポイントとなります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末では、携帯電話に比べてより多くの情報を取り扱うことになります。その情報量はパソコンと変わりません。またモバイルデバイス端末はどこでもインターネットに接続することができるため情報漏えいリスクが高く、紛失・盗難の危険性も非常に高いです。
そのため資産管理の側面から、スマートフォンやタブレットのモバイルデバイス端末種類、OS種類別、利用アプリケーション種類別などで管理することで、円滑にモバイルデバイス端末を用いた業務を行うことができます。
資産管理を目的で用いられる管理ツールにmdmがあります。mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、資産管理、アプリケーション管理、スマートフォンやタブレットなどの端末管理などマルチな管理機能を持っています。

Leave a Comment more...

スマートフォンのセキュリティ対策のmdmの通信方式

by on 3月.25, 2019, under 未分類

“スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用する場合、円滑に管理する必要があります。企業や組織などでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、それらのモバイルデバイス端末を大量に一括して管理しなければなりません。その負担は非常に大きなものであり、管理者だけの力では一元管理が難しくなっているケースも少なくありません。そこで大量のモバイルデバイス端末を導入する際にはそれらのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策としてmdmツールを導入して、一元管理してしまう企業がほとんどです。
mdmの通信方式は通常であれば、運用管理者がmdmサーバから制御コマンドを送って、該当のモバイルデバイス端がmdmサーバと通信することで制御コマンドが反映されます。制御コマンド自体はSMS方式、電話着信方式、OSベンダー提供方式などによってモバイルデバイス端末へと伝達されていきます。”

Leave a Comment more...

mdm市場は大きくなっている

by on 3月.15, 2019, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の市場拡大に伴い、モバイルデバイス端末を管理するツールであるmdm市場も大きくなっています。
業務効率化や働き方改革にもつながるモバイルデバイス端末は、メールや資料のチェック、課員とのやりとりや情報共有などアポイントや移動時間などちょっとした空き時間を有効活用できるツールとして欠かせません。
しかしその一方で従業員がそれぞれ持ち運ぶモバイルデバイス端末はセキュリティ面で心配な部分が大きいです。スマートフォンやタブレットにはパソコンと同じように、むしろそれ以上の企業の重要な情報や個人情報、顧客情報などが保存されています。それらのモバイルデバイス端末を社外に持ち出してしまうと、モバイルデバイス端末の紛失、盗難による不正使用や情報漏えいのリスクも高まってしまいます。
そこで必要となってくるのが、mdm管理ツールを用いた一元管理です。分散したモバイルデバイス端末を一元管理して監視し、緊急事態が起こった時にすぐに対応できるのがmdmです。

Leave a Comment more...

byod導入に向けたmdmソリューションでのセキュリティ対策

by on 3月.05, 2019, under 未分類

byodはbring your own deviceの略であり、個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することを言います。
byod導入に向けて、まず企業が取り組むべき課題としては、セキュリティ対策になります。セキュリティ対策にはmdmソリューションなどのモバイルデバイス端末管理ツールが欠かせません。
byodはモバイルデバイス端末導入代の導入コストを削減できるという大きなメリットが企業側にはあります。また従業員側にとっても普段自分がプライベートで使用しているモバイルデバイス端末を利用できるので、使い慣れており、操作性アップにつながります。また業務用と個人用と2つのモバイルデバイス端末を持つ必要がないのも大きな利点となります。ただbyodを導入すると、常に会社の重要な情報が漏えいするリスクを抱えることになるので、セキュリティ対策は徹底する必要があります。mdmソリューションで管理することで、利用制限や遠隔操作によるリモートロック、リモートワイプ機能によってモバイルデバイス端末内の情報を守ることができます。

Leave a Comment more...

アプリの管理もできるmdmとは?

by on 2月.22, 2019, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどを企業で導入することで、会社の業務は効率よく行えます。外勤中、通勤途中、帰宅後も業務を行うことができ、空いた時間にメールチェックや会議資料の確認などもできますし、情報共有もリアルタイムで行うことができるのです。モバイルデバイス端末を導入している企業は非常に多く、それらの起業はモバイルデバイス端末管理ツール=mdmを導入しているケースが非常に多いです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した場合、円滑に管理できるツールとして欠かせません。
mdmの機能はいくつもありますが、アプリケーションの配布や管理も機能としてあります。社内で推奨しているソフトウェアやオリジナルのソフトウェアを専用ポータルサイト内で配布することができます。またインストールされたアプリケーションの管理もmdm下で行うことができます。

Leave a Comment more...

スマートフォンのセキュリティ対策

by on 2月.12, 2019, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用して、企業や組織で大量のモバイルデバイス端末を導入する際にはセキュリティ対策を考えなければなりません。
スマートフォンやタブレットなどは携帯性にすぐれていながら、パソコンと同等の機能を有しているので非常に便利です。外出先でも業務を行うことができるので、業務効率アップにつながります。
しかしその反面、外出先でもネットワークに接続することができるのでウイルス感染やハッカーなどの危険性もありますし、紛失や盗難のリスクも非常に高いです。
紛失・盗難された場合には、モバイルデバイス端末内の情報が全て流出してしまう危険性があるのでセキュリティ対策はしっかりと行わなければなりません。
モバイルデバイス端末のセキュリティ対策としてはmdmツールの導入があります。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、mdmで管理をすることでセキュリティを強化できます。

Leave a Comment more...

AppleDEPを利用して効率よくmdm導入をしよう

by on 1月.30, 2019, under 未分類

AppleDEPは会社や企業が所有している大量のスマートフォンやタブレットなどのiOS端末を素早く効率的に導入できる登録サービスになり、企業は無料で利用することができます。
AppleDEPではmdmへの接続を自動化することができるので、企業のモバイルデバイス端末の管理者の負担が非常に軽くなります。
Appleデバイスを簡単にモバイルデバイス管理ソリューション(mdm)に登録できるので、モバイルデバイス端末のmdm導入を手動で設定する必要がなくなります。
さらにモバイルデバイス端末購入後すぐに全てのセットアップを自動で行えるようになるのです。DEPシステムへのモバイルデバイス端末の登録はDEP認定リセラーのみ可能なサービスになっています。Apple社ではApple DEPの他に、Volume Purchase Programなどのサービスも提供しています。それらのサービスをうまく活用することで、モバイルデバイス端末の導入がよりスムーズになるでしょう。

Leave a Comment more...

統合的管理の仕組みであるmdmの導入事例が急増

by on 1月.20, 2019, under 未分類

mdmという言葉が使われるようになってから10年以上が経過していますが、mdm導入事例は今後さらに拡大するといわれています。
mdmとはmobile device managementの略であり、企業や団体、教育機関で利用されるスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどのモバイルデバイス端末を統合的に管理するための仕組み、ソリューションになります。
大きな企業や教育現場でモバイルデバイス端末を導入するとなると、その導入事例では導入数が非常に多量になります。モバイルデバイス端末を利用する場合、それぞれの端末にアプリケーションを配信して、そのバージョン管理を行う必要があります。
バージョン管理を行って、利用者が共通の環境を維持できるようにしていくことで、円滑にそして効率的にモバイルデバイス端末を管理できるようになるのです。
またセキュリティレベルを整えれば、利用できるアプリケーションの制限などのコントロールも可能になります。

Leave a Comment more...

日本でもbyodが普及しつつある

by on 1月.10, 2019, under 未分類

byodとはbring your own deviceの略であり、私物で使用しているスマートフォンやタブレットを会社の業務でも利用することを言います。海外では以前からbyodの導入が普及しつつあったものの、日本国内においてはほとんどの起業がセキュリティの観点からbyodの導入を踏みとどまっていたという現状があります。
しかし近年、日本国内においても、byodを導入する企業が増えてきています。これはbyodを導入する上で懸念材料であったセキュリティの観点や管理の難しさなどの課題が、mdmツールによって少しずつクリアになってきたことが考えられます。
mdmツールはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、大量のモバイルデバイス端末を管理するためのツールです。このmdmツールの中にはbyodに対応しているmdmも多く登場してきており、byodであってもうまくモバイルデバイス端末を一元管理できるように設定が可能となっています。

Leave a Comment more...

mdm市場が広がる可能性

by on 12月.18, 2018, under 未分類

mdm市場は日本に限ったことではありません。世界的に見てmdm市場は急速に拡大しつつあります。その要因はスマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する企業が増えたことにあります。
mdmはただ単にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末自体を管理するだけではありません。その機能はもちろん大前提としてあるのですが、その他にも紛失・盗難の際に情報が流出しないように、遠隔操作でのリモートロックやリモートワイプなどの情報漏えいを未然に防ぐ対策を取れるセキュリティ機能であったり、業務中の無駄なモバイルデバイス端末の使用を防ぐために、カメラやSDカードなどの使用制限をかけるなどの機能も充実しています。
mdmを導入することによって、スマートフォンやタブレットのよい利点をさらに凝縮させて、業務に活用できるので、業務効率アップにつながるのです。
mdmは小規模から大規模まであらゆるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理を実現して、スマートフォンやタブレット利用の効率化を図っていきます。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!