だからこのアプリだ

mdmの不正サイトへのアクセス防止機能

by on 10月.21, 2017, under 未分類

Mdmで管理されたスマートデバイスやタブレット端末などのスマートデバイスを導入すれば、エンドユーザーの不正サイトへのアクセスを防止することができます。例えばスマートフォンなどのモバイルデバイスは非常に多機能であり、アプリケーションを自分で追加することによってその使い道は大きく拡張できるという利点があります。
しかしその反面、使用方法をエンドユーザーの裁量に任せてしまうと不正サイトへのアクセスの可能性が出るなど、セキュリティリスクは増大してしまうでしょう。さらに業務以外にスマートデバイスを使用することで生産性はどうしても低下してしまいます。
そこでmdmではこのような不正サイトへのアクセスを制御する機能がついていたり、アプリケーションの利用制限といった機能があったりします。
さらにはウイルスプログラムのインストールの防止や、業務に関係のないアプリケーションを無効化したりすることもできるのです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

Leave a Comment more...

世界で活用されているmdmもある

by on 9月.14, 2017, under 未分類

Mdmはスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを企業や教育機関で導入するためには欠かせない管理システムになります。Mdmツールの機能は提供する会社ごとにそれぞれ特徴があり様々な機能があります。
世界150か国以上で利用されているmdmシステムもあり、それぞれにメリットデメリットがあります。また操作方法も簡単にしているものが多く適応しやすいです。階層構造を持ったグループ管理で業務負担を大幅軽減できる機能や、全拠点の管理を一か所に集約してサポート業務の効率化を実現できる機能があるmdmシステムも多いです。
企業をまとめて管理することで効率化を図り、mdmサポートのコストをカットすることもできます。Mdmの基本的な機能としてはリモートロック、リモートワイプ、端末情報収集、アプリケーションの配布、機能制御、利用制限などになります。
Mdmシステムの多くはマルチOSに対応しているので、違う機種を使っていても特に問題はありません。
MDMとは – 国産MDMもご紹介します。

Leave a Comment more...

mdmを使ったアプリのインストールとは?

by on 9月.01, 2017, under 未分類

タブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスを企業で導入する場合、mdmを利用します。
特にモバイルデバイスを導入することによってビジネス効率が高まりますが、アプリ配布、インストール指示は重要になってきます。
車内専用のアプリケーションや特定ユーザー向けのアプリにつきましてはアプリストアなどを経由して配布する方法だけではなく、mdmを利用して配布する方法があります。
アプリストアを経由してインストールする場合には、作成したアプリケーションを登録申請し、審査を通過させます。そして社内専用アプリケーションを入手するための特別なAppleIDを取得し、登録したアプリケーションを一括購入します。アプリインストールマニュアルを社内で作成、配布し、ユーザー主導のインストールをしてもらうことになります。
一方mdmを利用する方法であは、作成したアプリケーションをmdm管理画面に登録し、mdm管理画面で配布設定をしていきます。配布先端末グループを設定するのと、配布するアプリケーションの設定をする必要があります。
mdmのアプリの活用方法

Leave a Comment more...

mdmとmamを兼ね備えたemm機能も登場

by on 8月.21, 2017, under 未分類

mdm機能はモバイルデバイス管理のことであり、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末全体を管理するシステムになります。一方mamはモバイルアプリケーション管理のことであり、モバイルデバイス端末全体を管理するのではなく、アプリケーション単位で管理する機能になります。
このmdmとmam機能を融合させたemmという機能も登場しています。Emmとはmdmとmamの機能を統合したものであり、モバイルデバイス端末はもちろん、アプリケーションやデータを包括的に管理することができます。
会社支給のスマートフォンであっても、BYODとスマートフォンであっても、それらの端末が混在していても、emm機能であれば、会社支給端末に関してはmdmとmamで管理、BYOD端末においてはmamで管理など柔軟に運用することができます。便利で安全なスマートデバイス環境を整えた上でビジネスでの活用をしたいのであればこれらの機能を賢く活用するのがよいでしょう。
エンタープライズなmdm

Leave a Comment more...

サンドボックス

by on 8月.12, 2017, under 未分類

サンドバッグという言葉はご存知だろう。ボクシングなどのパンチ練習に使うアレだ。その名の通り砂の入った袋を意味するが、実際に砂は入っていない。同様にIT関連の話題として「サンドボックス」という物がある。直訳すれば「砂場」であるが、これは言うなれば「不発弾処理場」にも近い。MDM管理者がアプリの安全性を確認する過程で自ら感染して拡散させてしまっては元も子もない。そういった「危ないかもしれない」アプリやメールの添付ファイルを「閉鎖された仮想空間」で展開し、害がない事を確認する為の領域をサンドボックスと呼ぶ。他の用途としては明らかにウイルスだと分かっているケースなどに、その感染ルートなどを確認する為に擬似的なネットワーク環境を構築しそこにわざと感染を引き起こし、その作用と狙いを割り出す用途にも用いられる。一方でウイルス側も進歩を続けており、「仮想空間」である事を察知すると「無害」を装うなど終わりのないいたちごっこが繰り広げられている。

Leave a Comment more...

タブレット端末の教育機関での導入

by on 8月.02, 2017, under 未分類

タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスの活用は企業がビジネスを効率よくするために用いるものという位置付けが強くありました。しかし近年では企業や会社でのモバイルデバイスの導入以外にも、学校などの教育機関での導入が目立ってきています。企業でのタブレットの利用は、端末情報のバックアップ、紛失、盗難された時の第3者による不正利用対策、アプリケーションや顧客情報の配布、更新など企業で活用する上で必要な管理機能をmdmが担っていました。
一方学校などの教育機関では企業での活用とは異なり、セキュリティ面とともに教員の業務効率化を進める必要があります。タブレット端末を授業で活用していくために、アプリケーションを随時追加する必要がありますし、それに伴うバージョンアップ、Wi-Fi設定なども需要になってきます。教員が生徒1人1人のタブレットの設定を行うのは現実的に無理なことなので、mdmを活用することで教育現場でのタブレット活用を有効的にしているのです。
現在のmdmを紹介

Leave a Comment more...

遠隔管理が可能なmdm

by on 7月.25, 2017, under 未分類

企業で何百、何千ものスマートフォンやタブレットを従業員が使用している場合、それらすべてのモバイルデバイスを設定したり、管理したりするのは非常に大変なことです。そこで管理工数を大幅に削減するためにiPhone、iPad、androidなどのスマートデバイスを遠隔管理してくれるmdmを利用するのがおすすめです。Mdmはスマートデバイスに対してリモート管理機能を提供してくれます。管理者は組織内グループもしくは個人に対して、ブラウザから端末情報を一括で取得したり、プロファイルの適用、デバイスロック、初期化など、様々な支持を強制的に実行可能したりすることができるので、モバイルデバイスを利用したビジネスを効率よく行うことができます。マルチOSやマルチデバイスの統合的なスマートデバイス管理環境を提供できるmdmは、管理者に優しい設計にこだわっており、管理、運用コストを低減してくれているものも多いです。また管理者機能を改装かすることで、全権限の管理者の下に、管理権限を制限した管理者を設定することもできます。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Leave a Comment more...

適材適所

by on 7月.15, 2017, under 未分類

MDMによる一元管理により社用端末の運用は格段に効率化出来る。その一方で端末なんてどれも同じと考えるのも理解できる。実際はその通り、どれも同じような物で等しく高性能であるという事だ。つまりはある程度の「制限」をかけることも管理者にとっての仕事である。例えば、現場の高所作業員に低反発クッションを内蔵した快適な椅子は不要だし、デスクワーク専門の事務員に電動ドリルを買い与える必要はない。顧客相手の外回りと企画立案が仕事の開発部では同じスマホでも中身が同じである必要性はないと言えるだろう。業務用のアプリも自社開発でない限りは次々いくらの月額契約である事も多い。そういう意味でも各端末における「最低限」の機能を見極め、無駄なく配備する事が生産性の向上にも繋がると言える。もちろんそれらを1人の管理者で行う必要はなく、各部署に責任者を置けばいい。現場のニースによっても必要なアプリは違ってくる。ニーズに合ったアプリの選定と安全性の確認も管理者の仕事の一つであり、同時に勝手なアプリのインストールに対しても目を光らせる必要がある・iOSのmdmについてです

Leave a Comment more...

アプリとmdm

by on 7月.06, 2017, under 未分類

スマホは高機能で高性能、標準の機能のみでも様々な用途に用いる事が可能ではあるが、仕事で使うとなると相応の準備は必要だ。パソコンを使う場合には基本的にはソフトが必要であり、オフィス内でもエクセルやワードといったソフトが一般的には使われている事だろう。スマホにおいてもそれは同様で、主に「アプリ」という形でインストールしてから使用する。Microsoftから携帯端末用のエクセルなど用意されており、一部機能制限のかかった無料版も使用できる。スマホを業務に活用するのであればそれに適したアプリが必須となるのは言うまでもない事だが、それはそれで、相応のコストも必要となる。社用の端末全てに同じアプリが入っている必要が無い場合も多く、無駄なく有効に端末を活用するには、きちんと端末を管理し、そのユーザーにとって必要なアプリだけを用意する必要がある。そういったアプリのインストール状況などを管理者に「見える化」する為のツールとして各種mdmサービスが有効である。むしろそういったアプリの準備も管理者の仕事であり、セキュリティー上、エンドユーザーに自由にアプリを入れる権限を与えるべきではない。mdmとは

Leave a Comment more...

mdmとBYOD

by on 6月.27, 2017, under 未分類

mdmは一般的には企業が従業員に業務用として与える端末の一元管理を目的としている。その一方でBYODという概念も存在する。これは個人所有の端末を持ち込み、それを業務に使用する事で、賛否両論となっている。mdmを提供するサービスの中にはこのBYODに対応したサービスも存在し、端末内で業務に用いる部分と、個人所有の部分を完全に切り離し、業務に用いる部分に対してのみmdmの管理下に置くmcmというシステムを構築が可能な物も存在する。企業側のメリットとしては機器の導入コストが大きく抑えられ、使い慣れた端末を用いる事で生産性の向上に繋がると言えなくもないが、それは同時に機器の整合性を欠く事にもなる。例としては社用の専用アプリに対応していなかったり、そもそもmdm側がその機種に対応していないというケースもあり得る。これは機種ごとに独自の設計がなされているAndroid搭載機種に多い。企業によっても容認している所もあれば全面的に禁止している所もある。数字的には許可も禁止もしていない所が半数以上を締めている現状で制度としては追いついていないのが実情だろう。mdmはこちら

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!