だからこのアプリだ

mdmとBYOD

by on 6月.27, 2017, under 未分類

mdmは一般的には企業が従業員に業務用として与える端末の一元管理を目的としている。その一方でBYODという概念も存在する。これは個人所有の端末を持ち込み、それを業務に使用する事で、賛否両論となっている。mdmを提供するサービスの中にはこのBYODに対応したサービスも存在し、端末内で業務に用いる部分と、個人所有の部分を完全に切り離し、業務に用いる部分に対してのみmdmの管理下に置くmcmというシステムを構築が可能な物も存在する。企業側のメリットとしては機器の導入コストが大きく抑えられ、使い慣れた端末を用いる事で生産性の向上に繋がると言えなくもないが、それは同時に機器の整合性を欠く事にもなる。例としては社用の専用アプリに対応していなかったり、そもそもmdm側がその機種に対応していないというケースもあり得る。これは機種ごとに独自の設計がなされているAndroid搭載機種に多い。企業によっても容認している所もあれば全面的に禁止している所もある。数字的には許可も禁止もしていない所が半数以上を締めている現状で制度としては追いついていないのが実情だろう。mdmはこちら


Leave a Reply

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!