だからこのアプリだ

Archive for 7月, 2018

byod導入に伴う会社としての問題点、課題とは?

by on 7月.26, 2018, under 未分類

企業が業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末やノートパソコンを私物のものを導入することをbyodと言います。byodを導入することで社員はフレキシブルな業務が行えるようになります。例えばbyod育児を導入している企業では育児休暇を取得している社員であれば、
導入していれば在宅勤務での職場復帰も可能です。メリットが多いbyodの導入ですが、課題や問題点も浮き彫りになってきます。まず会社にとっての大きなデメリットと言えばセキュリティ面でのリスクです。
業務で使用しているモバイルデバイス端末の紛失リスクは会社がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する場合と変わりませんが、プライベートで使用している際に盗難、紛失などの危険性も増えてしまいます。もしも業務でも使用している私物のモバイルデバイス端末を盗難、紛失してしまうと業務に関する情報が外部へ漏えいしてしまう危険性があるのです。

Leave a Comment more...

VPPの利用条件とは?

by on 7月.16, 2018, under 未分類

VPPとはapple社が提供するプログラムであり、法人や教育機関が業務や授業で使用するアプリケーションの購入、配布のためのプログラムになります。VPPを利用することで一度ユーザーに配布した有料のアプリを再購入する必要がないので、ムダなコストがかからず、作業の効率化、軽減にもつながります。
VPPとMDMを利用することで企業や教育機関で大量のモバイルデバイス端末を導入した場合でも一括した管理が可能であり、管理者の負担を減らすことができるでしょう。
VPPの管理配布機能を使用すれば、企業内でまとめて購入したiOSのアプリを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することができます。また配布したアプリは従業員が退職した時には回収することで、別の新しい従業員に新たに割り当てることもできるのです。VPPのアプリ配布を利用するにはいくつかの条件があります。
まずはVPPアカウントの取得が必須になります。またVPPの管理配布にはiOS7以上のiphone、iPadが必要になります。

Leave a Comment more...

モバイル端末管理で必要なこと

by on 7月.04, 2018, under 未分類

モバイル端末管理という言葉を耳にしたことがある人は増えているでしょう。モバイル端末管理を行うソリューションはmdmと呼ばれており、企業ではモバイル端末を導入するのと同時にmdmも導入するケースがほとんどです。企業の管理者が従業員全てのモバイルデバイス端末の管理を行うのは不可能です。
それを可能にしてくれるのがモバイル端末管理ツールであるmdmです。mdmを利用することで効率よくモバイル端末管理ができ、セキュリティ対策や資産の保護につながります。
mdmにはいくつかの機能がありますが、最も重要なのが効率的で安全な管理機能になります。ビジネスでモバイルデバイス端末を利用する時にはルールを明確にして運用することが重要です。さらにリスクを抑えてビジネスに集中しなければなりませんので、mdmで使用制限やセキュリティ対策の強化を行ってモバイル端末管理を進めていきます。
またmdmは情報収集機能にも適しています。社員がどのように使用しているか、アプリは何を使用しているかなどをチェックできます。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!