だからこのアプリだ

Archive for 11月, 2018

法人・教育機関向けアプリ配信プログラム、VPPとは?

by on 11月.28, 2018, under 未分類

VPPとはVolume Purchase Programのことであり、法人・教育機関がアプリケーションの購入・配布するためのapple社が提供するビジネス向けのMDMプログラムになります。
VPPは企業や学校でiOSやMACなどのデバイス端末の利用が増える中で、アプリの導入をより効率的におこなう目的で提供されたプログラムになります。
教育現場や企業などでタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する場合、業務上で必要なアプリケーションを利用する機会は非常に多いです。その場合に欠かせないのがVPPなのです。
VPPではApp Storeのアプリを一括購入し、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで企業、学校のユーザーが利用するアプリを簡単に利用できます。VPPで購入してユーザーへ配布されたアプリはユーザーが必要としなくなったり、退職したりした場合には、所有権を回収して、別のユーザーが利用できるように設定しなおすことも可能です。

Leave a Comment more...

モバイルデバイス端末ツールの導入目的

by on 11月.18, 2018, under 未分類

モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは、多くの企業で導入されています。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業や教育機関は非常に多い、これらのモバイルデバイス端末を会社に導入する際に、モバイルデバイス端末管理のツールとしてmdmソリューションも同時に導入する事例が増えています。一般的なmdmの導入目的は様々で、企業によってmdmに求めるもの、期待する効果は異なります。
ただ共通して見られる目的としては、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末新規配布時に必要になる各種設定や配布後の設定変更などが、mdmを導入することで飛躍的に楽になります。mdmを導入して、モバイルデバイス端末を一括管理することが出来れば、簡便にかつ、迅速にそれらの設定、設定変更が行えます。また大量のモバイルデバイス端末がある場合でも、まとめて一元管理できるのもmdmを導入する目的となるでしょう。
さらに企業のセキュリティーポリシーに基づいたモバイルデバイス端末設定をしたいという目的で、モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmを導入するケースも多いです。

Leave a Comment more...

mdm製品の比較を行った上で導入をしよう

by on 11月.08, 2018, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の円滑管理のために欠かせない管理ツールであるmdmは、企業がモバイルデバイス端末を導入する際に同時に導入検討されるケースが多いです。
導入検討にあたっては、本来のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策ステップを踏まえて、それらのモバイルデバイス端末を利用する企業システムの構成と、守るべき個人情報や機密情報などの資産、それら全てのセキュリティリスクをしっかりと分析して、mdm導入の目的を考える必要があります。
mdm導入の目的や用途を明確化しながら、コストを考えたり、利便性のバランスを考慮したりすることが重要です。
mdm導入目的を達成するために必要な機能の要件をそれぞれの製品で比較しながら、導入していくようにしましょう。mdm製品の選定、導入、運用は慎重に行うべきであり、そのためにはmdm製品の比較は重要と言えるでしょう。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!