だからこのアプリだ

Author Archive

リモートワイプのメリットとは?

by on 9月.18, 2018, under 未分類

スマートフォンやタブレットは携帯性に優れているため、社内以外にも外出先や自宅でも簡単に業務を行うことができるという利便性があります。
しかしその反面、モバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、端末自体が小さく、モバイルデバイス端末を持ったまま外出して、外出先で紛失してしまったり、うっかり落して盗難されたりした経験がある方もいるでしょう。
このような紛失、盗難のリスクを回避するための策として、mdmのリモートロックやリモートワイプ機能を活用しましょう。
リモートワイプはスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどが保持しているデータを遠隔地から通信回線経由で消去したり、無効化したりする手法のことを言います。
このmdmのリモートワイプ機能によってモバイル機器の紛失、盗難による情報漏えいの防止につながります。通信事業者はもちろんですが、ソフトウェアやベンダーなどでもサービスを提供しています。

Leave a Comment more...

mdm導入で期待できるメリット

by on 9月.07, 2018, under 未分類

mdmの導入によって得られるメリットは数多いです。その1つが各種モバイルデバイス端末の管理の負担や大量端末導入における管理コストの削減が期待できます。
mdmを導入しない場合、モバイルデバイス端末の管理には非常に多大な管理コストが発生してしまいます。
しかしmdmを導入してモバイルデバイス端末を大量一括管理することが出来れば、管理コストは格段に下げられます。
大量のモバイルデバイス端末の一括設定は導入時の作業コスト抑制にもつながります。
その他、運用開始後も各種レポート機能、管理者へのアラート通知、アプリ配信、連絡先の追加など充実した機能でスムーズに低コスト運用が可能です。またmdm導入によってスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務外のアプリやウェブサイトの使用を制限することもできます。アプリケーションの制限やウェブフィルタリングをすることでモバイルデバイス端末に各種の制限をかけると業務を集中することができます。

Leave a Comment more...

bring your own deviceの利点

by on 8月.28, 2018, under 未分類

bring your own deviceは個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することを言います。bring your own deviceを導入すれば企業としては従業員にモバイルデバイス端末を支給する必要がなくなります。そのことによってデバイス端末にまつわるコストの削減が可能になるのです。
bring your own deviceでは従業員が利用するモバイルデバイス端末を選定して、その購入にあたって企業が決められた補助費を出す形式が多いです。bring your own deviceでない場合には、モバイルデバイス端末支給や初期導入にかかる費用が非常にたくさんかかるのですが、bring your own deviceによってモバイルデバイスの初期導入費用の低減につながるでしょう。
またハードウェアを一元化するので、私用のスマホと業務用とのスマホの2台のモバイルデバイス端末を併用する場合に比べて、ソフトウェアのライセンス料や保守コストが軽減できるという点もメリットと言えるでしょう。

Leave a Comment more...

mdmソリューションによるセキュリティ設定

by on 8月.17, 2018, under 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理ツールとして人気を集めているmdmソリューション。mdmソリューションは情報漏えい対策の他、セキュリティ設定や端末セットアップ機能もあるので企業でモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせません。
モバイルデバイス端末のセキュリティ設定では、業務用に利用するにあたってスマートフォンの機能の使用制限を行います。スマートフォンや多彩な機能があることが利点でもありますが、業務で使用するにあたってそれらの機能を自由に使用できることが会社にとってマイナスになってしまうこともあるのです。そこでmdmソリューションを利用して、様々なスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の機能制限設定を行い、会社のポリシーに適用することができるのです。例えばWebフィルタリング、Wi-Fiフィルタリング、SDカード利用禁止、カメラ使用禁止などがあります。

Leave a Comment more...

mdmサービスによるandroid端末管理

by on 8月.06, 2018, under 未分類

企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、検討課題としてあがってくるのがセキュリティ問題です。iPhoneやandroidなどマルチデバイスのモバイルデバイス端末を導入するためにはmdmと呼ばれるモバイルデバイス管理ツールが欠かせません。
mdmはandroidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を一元管理し、遠隔データ消去などを実行できるソリューションになります。特にmdmの中でも安価で効率よく手軽に導入できると評判なのがSaaS型のサービスです。
多くのmdmサービスはandroidもiPhoneもどちらにも対応しているので、様々なデバイス端末を導入する企業でも問題なく利用できます。mdm製品によってのの違いは、端末管理の細かな機能と他システムとの連携機能になります。利便性が高く、業務効率アップにつながるモバイルデバイス端末導入はmdmによる管理でさらに飛躍するでしょう。

Leave a Comment more...

byod導入に伴う会社としての問題点、課題とは?

by on 7月.26, 2018, under 未分類

企業が業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末やノートパソコンを私物のものを導入することをbyodと言います。byodを導入することで社員はフレキシブルな業務が行えるようになります。例えばbyod育児を導入している企業では育児休暇を取得している社員であれば、
導入していれば在宅勤務での職場復帰も可能です。メリットが多いbyodの導入ですが、課題や問題点も浮き彫りになってきます。まず会社にとっての大きなデメリットと言えばセキュリティ面でのリスクです。
業務で使用しているモバイルデバイス端末の紛失リスクは会社がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する場合と変わりませんが、プライベートで使用している際に盗難、紛失などの危険性も増えてしまいます。もしも業務でも使用している私物のモバイルデバイス端末を盗難、紛失してしまうと業務に関する情報が外部へ漏えいしてしまう危険性があるのです。

Leave a Comment more...

VPPの利用条件とは?

by on 7月.16, 2018, under 未分類

VPPとはapple社が提供するプログラムであり、法人や教育機関が業務や授業で使用するアプリケーションの購入、配布のためのプログラムになります。VPPを利用することで一度ユーザーに配布した有料のアプリを再購入する必要がないので、ムダなコストがかからず、作業の効率化、軽減にもつながります。
VPPとMDMを利用することで企業や教育機関で大量のモバイルデバイス端末を導入した場合でも一括した管理が可能であり、管理者の負担を減らすことができるでしょう。
VPPの管理配布機能を使用すれば、企業内でまとめて購入したiOSのアプリを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することができます。また配布したアプリは従業員が退職した時には回収することで、別の新しい従業員に新たに割り当てることもできるのです。VPPのアプリ配布を利用するにはいくつかの条件があります。
まずはVPPアカウントの取得が必須になります。またVPPの管理配布にはiOS7以上のiphone、iPadが必要になります。

Leave a Comment more...

モバイル端末管理で必要なこと

by on 7月.04, 2018, under 未分類

モバイル端末管理という言葉を耳にしたことがある人は増えているでしょう。モバイル端末管理を行うソリューションはmdmと呼ばれており、企業ではモバイル端末を導入するのと同時にmdmも導入するケースがほとんどです。企業の管理者が従業員全てのモバイルデバイス端末の管理を行うのは不可能です。
それを可能にしてくれるのがモバイル端末管理ツールであるmdmです。mdmを利用することで効率よくモバイル端末管理ができ、セキュリティ対策や資産の保護につながります。
mdmにはいくつかの機能がありますが、最も重要なのが効率的で安全な管理機能になります。ビジネスでモバイルデバイス端末を利用する時にはルールを明確にして運用することが重要です。さらにリスクを抑えてビジネスに集中しなければなりませんので、mdmで使用制限やセキュリティ対策の強化を行ってモバイル端末管理を進めていきます。
またmdmは情報収集機能にも適しています。社員がどのように使用しているか、アプリは何を使用しているかなどをチェックできます。

Leave a Comment more...

bring your own device導入における課題は山積み

by on 6月.24, 2018, under 未分類

bring your own device(byod)とは個人で所有するスマートフォンやタブレットなどのIT端末を業務で使用することをいいます。
bring your own deviceを導入する企業としては、bring your own deviceの活用におけるコンプライアンス上の課題と対策はきちんと考えなければなりません。
bring your own deviceを導入する企業は増えており、今後さらに増えていくと予想されています。
しかしbring your own device導入には様々な課題があり、それらの課題に対してしっかりと対策を取ることが必要となってきます。
bring your own device導入に伴う課題というのは、情報セキュリティ面における課題になります。
また情報セキュリティ面の課題の他にも、企業のカバナンス、コンプライアンスの課題なども浮き彫りになっています。

Leave a Comment more...

mdm管理における組織のデータの保護

by on 6月.14, 2018, under 未分類

mdmソリューションを用いて、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理する場合、必要なものはあるのでしょうか?スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のプラットフォームによっては、プッシュ型の通知を利用するためにはプッシュサービスのGCMやAPNSなどへの登録が必要な場合もあります。この場合にはGCMやAPNSに登録するようにしましょう。
mdmソリューションの製品サービスのサイトで、登録の方法などは説明されている場合が多いでしょう。
mdmは基本的にはモバイルデバイス端末の本体自体を管理する機能になっています。
組織のデータ、コンテンツをモバイルデバイス端末で扱っている場合には、mdmソリューションではなく、mamやmcm機能と連携するmdmを利用する方がよいでしょう。
mamはモバイルアプリケーション管理ツールのことであり、アプリケーションの管理、設定が可能になっています。
一方mcmはモバイルコンテンツ管理は、コンテンツの管理を行うツールになっています。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!